港北TOKYU S.C.

  • ショップ:   レストラン:
  • 横浜市営地下鉄「センター南」駅前

SHOP BLOG / ショップブログ

1F

アシスト ヨコハマ

[電動自転車・自転車・修理]

045-944-5014

2018年12月17日
ARCHIVE

ギュっとクルーむシート①

2018年モデルのギュットミニDXからフルモデルチェンジした
<パナソニック × コンビ>2019年コラボモデル
ギュット・クルーム・DX!

ギュっとクルーむシート①

フロントチャイルドシートが製造元が
OGK製➝Combi製に変更になりましたので
姿形がガラッと変わっています。


あまり新&旧モデルがそろって並ぶことが少ないため
画像で比べてみます。


2018モデル ギュットミニDX
<プレミアムチャイルドシート>

ギュっとクルーむシート①

2014~2018年まで続いた見慣れた形状です。




2019モデルからの
コンビ <クルームシート>

ギュっとクルーむシート①

前面がスッキリして、低い位置からお子様の乗せ降ろしができますね。







2018年モデルはヘッドレスト(頭の位置)とお子様の足を置くフットレストの
高さ調整が可能でした。

ギュっとクルーむシート①






新型のクルームシートはヘッドレストの上げ下げ可能ですが
足の位置は動かず固定です。

ギュっとクルーむシート①

お子様が乗車してない時の
買い物カゴとして使う場合は2018モデルのほうが荷物を載せやすそうです。

クルームシートもレインカバーを装着させれば載せれそうですね。






ベルトの感じは
2018モデル肩のみ三点シートベルト

ギュっとクルーむシート①

ベルトの長さ調整は
車のシートベルトみたいな巻き取り式ベルト。
チャイルドシートのクッションも柔らかめです。





2019モデルクルームシートは
肩と腰の五点止めシートベルト

ギュっとクルーむシート①

こちらは後でご案内しようと思ってますが
ベルトの長さは股ベルトから調整できるようになってます。
最初みた時はちょっとビックリです。
クッションは座り心地を良くするためのモノというより
ぶつかった時の衝撃を吸収するような固めのパッドになってます。
雨に濡れた時もササッと拭きとれるような感じです。
頭部は脱着可能な<エッグショック>という柔らか低反発めのクッションがついてます。



正直なところ2018年モデルもだいぶ完成度が高かったと思いますが
新しくフルモデルチェンジした2019モデルもコンビさんとのコラボということで人気がでそうですね。

ショップブログTOPへ

FLOOR GUIDE / フロアガイド

OPENING HOUR / 営業時間

  • ショップ・サービス 10:00-20:00
  • レストラン 11:00-22:00
  • 109シネマズ港北 10:00-24:00
  • ナムコ 10:00-22:00

※一部営業時間の異なる店舗もございます。

  • カードバナー(新券面)
  • お車でお越しのお客様
  • 駐車場情報
  • スタッフ募集